昔だとハガキで懸賞品の応募もしたものです。よくテレビで募集があり、当選者の発表は発送はもって変えさせていただきますなんてテロップもよく見かけました。

今だと、そうした応募もネットが主流となっています。そうしてサイトも多くあります。ここでは応募のやり方などを見ていきましょう。

やってみると意外とモチベーションが上がる?

今ではこうした応募も、テレビや雑誌でするよりもネットを使うことになってきました。

こうした懸賞品も実にさまざまなものがあり、ローソンなどのコンビニで使えるクーポン券から化粧品や食品、はたまた現金、クルマ、バイク、旅行券なんてものもあったりするのです。

また、応募した人全員や先着というケースもあるなどして、物によっては当選する確率も高くなってきます。もちろん抽選もありますが時には1,500名様当選しますなんて大規模なものもあるのです。

こうしたものだと、低額の物になったりしますが、それでも当たれば嬉しいです。

昔はしたけど今さらなんて言わないでください。また、やろうと思わないなんて言わないでください。こうした応募を見ていくと、やりたくなる、当てたくなってきます。意外とモチベーションも上がってくるものです。

ネットの方が探しやすくなっていて初心者向けである!

昔だとこまめにテレビや雑誌などを自分から探してやっと、応募も見つけたものです。
今だとそうした応募をまとめたサイトがあちこちにあります。その企業のホームページが本来はいいのですが、さすがにそこで応募を探していては疲れたり、切りがありません。

しかし、応募の総合サイトを使えば、なんといろいろな商品の分類ごとに探すことができます。

また、締め切り直前のものなどについても探せたりできます。あとは豪華なもの専用だったり、購入して応募するものなどいろいろなパターンでも検索できるので、意外と探すのでも楽しめます。

主婦ならば日常品でとりあえず応募しておく、食品で応募しておく、また子どもならばゲームやおもちゃ、文具などで応募しておく、女性ならば美容のもので応募しておくなどするといいでしょう。探しやすいので、なおさら応募もしやすいのです。

ネットだと応募もすぐに終わるのでいくつとできる

昔だとハガキに書くときに、葉書を買ってきたり、きれいに書くのに時間をかけたり、切手を貼ったり、ポストに投函等時間がかかりました。これはこれでいいのですが、やっぱり忙しい人が多い今はさっと済ましたいでしょう。

応募も総合サイトを使えば、すぐに申し込みページに行けて、大体は住所、氏名、年齢、連絡先などを書いて感想などをかけば完了です。あとは申し込みボタンを押すだけです。

これならば一日に何ヵ所でも応募できます。
今は懸賞品ゲットには、ぜひネットを使いましょう。