懸賞品なんて当たらない、本当は抽選なんかしていないのではと思っていませんか。本当に当たる人は当たります。

そのためにただ、応募しているのではなく当たるための工夫もしているのです。
もしもほしいものがあるときには試してみるといいかもしれません。
また、今回はダメでも実はやることで、次回に続くことがあるのです。

実は企業が喜ぶことをしているから当たることも

企業も注目を集めたり、またお客さんへのお礼の意味を込めての還元など、さまざまな理由から懸賞をかけています。その時やもしくはその前から、あなたが企業が喜ぶことをしていると、当たる確率が上がるかもしれません。

それはメルマガや会員登録しておくことです。やはりメルマガを受け取らない人も多い中、うけとるだけでも、企業には感謝の気持ちを持ちます。

すると抽選のときにメルマガ受信者や会員の方から選びたくなるなんてこともあるのです。時にはメルマガ受信者や会員でないと最初から応募資格がないケースも実はあるのです。

また、応募時にコメントを書く欄があれば、ああした方がよい、これがよかったなど参考になりそうな意見を書いてください。これがあると、企業側が選ぶなんてこともあるからです。
書くことで他の応募者との差になり、また企業もあると喜んで当たりにすることもあるので、ぜひコメントも書くようにしましょう。

応募のタイミングも大切。早めにするのがよい

応募のタイミングも実は、回数が別れているものもあったりします、3回に分けて応募を集めるなんてものもあります。
確かに気づくのが遅いときもあり、そうなると締め切り直前なんてこともあります。

しかし、そうでないときには少しでも早め、もしも締め切りが複数回あれば、初回の締め切りに間に合わす方がいいのです。

やはり最後やその前が応募する人が集まりやすい、増えやすいからです。大抵こうしたときは毎回の応募から何人か選ぶのですが、初回ほど数が少ないので、それだけ当たる確率が最後よりも高くなると言うわけです。

早めに募集を知ったときにはすぐに応募をする、これが鉄則なのです。

最後はやっぱり数打ちゃ当たる作戦をすること

やっぱり、最後は数打ちゃ当たるということです。同じ応募をするにしても当たらない人は1回で終わります。複数かいできるときや葉書を使うときには何回かにわけて応募したりするのです。

また、応募できそうなものがあれば、どんどんとすることです。

今ではネットから応募するのが当たり前です。ネットでの応募ならばほとんど時間もかかることはありません。ですので懸賞品に複数応募するのも楽にできます。

当たる人は、こまめにまたいろんなものに応募しています。ぜひあなたもここにかいたことを試すと、当たる確率も変わってくるでしょう。